« トイレにあった、用語カレンダーからの一語 | トップページ | 選手はどこか他人事。 »

2015年5月29日 (金)

問題は山積していて、何ら状況はかわっていない

湘南監督、ほぼ互角の内容も初黒星に「よくある敗戦パターン」/ナビスコ杯 サンスポ.com

【甲府】佐久間監督、新潟の「タフさ」を警戒 スポーツ報知

あの内容で、手放しで喜べないところがいまのチームの状況を物語っているのでつらいところ。勝つには勝ったが、内容はまだまだ。

自らのミスが多く、センターラインあたりでのボールのつなぎミスが連発していて、それに伴いカウンターをくらうお決まりの流れが改善されていない。

守備での、1対1に責任をもつ部分はだいぶ改善されていた、気もするが、相手のメンバーが普段試合に出ていないメンバーが多数出ていたので、それに助けられていた面が多い。

ミスから失点っていう流れは断ち切れたが、その芽、自らのミスは相変わらず、連発しているので、次のリーグ戦は厳しい。

しかも、昨今、アルビが苦手にしている堅守速攻タイプのチーム。攻めあぐねて、失点、敗戦というテンプレな流れにならないか、ひやひやもの。リーグ戦の状況は今回の勝利では、全く変わっていないので、「いまだに勝利していない」という気持ちで臨んでほしい。


服なんて、どうでもいいと思ってた。 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

前代未聞の「愛人作成」コメディで、話題になった、(自分の中では・・・)青木U平さんの新作です。というか、登場人物が、見てびっくりしたのですが、ほぼ同じ。(笑い)

こういうのが形になってるんですかね。で、今回のテーマがファッション。ファッション雑誌の編集部に配属になった、男どもの面々が知識とセンスのなさからくる、悪戦苦闘を面白おかしく描いている作品です。お送りしている面々がほぼ、前作の面々と同じなので、前作を楽しんだ方なら、十分楽しめます。

あとは、これは自戒も込めてですが、あんまりファッションセンスがない自分にとって、そいういう面で楽しめていないのかなって思う感じです。ファッションセンスがあるかただと、登場人物の面々がとんちんかんなこと言っているっていう面白さもあるのかなとも思うのですが、センス×を身につけているブログ主にとっては、いまいち、わからないこともあって、なんとも損している感じ。

ただ、わからなくても、問題ないつくりになっていて、ファッションメインではなく、ギャグがメインになっているので問題なく楽しめる一作です。

この作品は、ちゃんと完結まで行くといいなー(前作は謎の第1章完(だったかな?)で終わっているので)。面白かったんだけどねー

|

« トイレにあった、用語カレンダーからの一語 | トップページ | 選手はどこか他人事。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アルビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題は山積していて、何ら状況はかわっていない:

« トイレにあった、用語カレンダーからの一語 | トップページ | 選手はどこか他人事。 »