« 明日は雪と風が苦しめる? | トップページ | 人の揚げ足は蜜の味 »

2014年3月 9日 (日)

"ガンバはやっぱりガンバだった”

【J1第2節 新潟×G大阪】ガンバJ1復帰後初勝利 岩下ヘッドが決勝点 新潟はホーム連勝が9で止まる ドメサカブログ

川又 故障影響で途中交代 元同僚・東口にいじられた  スポニチ

「さすがヤットさん」遠藤絶妙FKで流れ変えた 岩下の頭にピタリ  スポニチ

筆者は侮っていた。ガンバ大阪を。しかし、ガンバはガンバでした。それだけです。

前半だけ生でTVで見ていたわけですが、これはいけるだろうと思っていました。開幕戦の内容(両チームの)、前半の内容。これはいけるだろうと。

用事を済ませて、携帯を開くと0-2での敗戦。録画された映像を見てみるとやはり、決めるところ決める。これに尽きる。それをできたガンバとできなかったアルビ。少しだけど、大きい差。去年、躍進を遂げたアルビ。しかし、まだまだだというのがよく分かった試合だった。

ガンバの印象は、開幕戦の浦和戦の内容を見て、いけるとは思っていた。

以前のような攻撃の強さは薄れていたのはまごうことなき事実。まあ、これは宇佐美が離脱から復帰すれば解消される気がします。

以前のガンバでは「守備が弱ければ、攻撃しきってしまおう」っていう感じだったので、

守備でかなりしのげるチームになっているのがよく分かった。見るがわとしてはすこし寂しいものがあるかもしれないが、チームの成績を上げていくには、やはり、守備がある程度しっかりしてないとやはり難しい。

宇佐美の離脱が長いのできつい試合が増えると思いますが、ある程度、耐えれるようになったガンバ。宇佐美復帰後が怖い・・・

アルビは去年のサッカーからの上積みがまだ少ない。それをもっと積み上げないと確実に勝ち点3、つまり勝利を得るのは難しいのがよくわかった。

いまはまだ、去年のサッカーの延長線にいる。でも、もっと上位に行くためにはこれをもう一個、上に行く必要がある。こういう展開でも勝てるチームになるためにはさらなる成長、さらなる脱皮が必要なのだ。

今年の初めから、ヤンツーは

「このままでは厳しい」

と警鐘というか戒めを発言している。自分としてはそんな気もしながら、ちょっと薄れていた気もしていた。しかし、今回の試合でよくわかった。

もっと上に行くためにはさらなる上積みを。さらなる成長を!!

そのことがよくわかったのがこの試合をした意味なのだと思いたいし、思わないと上にはいけないなと。

生まれ変わった!?鹿島アントラーズのSNSキャラクター「コンシェル樹」 @niftyニュース

絶好調な鹿島。若手起用でチーム力は落ちたと思っていましたが、逆にいい相乗効果を生み出しているようですが、クラブの情報発信も変わったようですね。ネットってやっぱり熱心にこまめに更新するのが、人気の秘訣だと思います。ネットって不特定多数の人に発信するので、不特定多数の反応があるので。

浦和レッズ応援席に掲げられた「JAPANESE ONLY」横断幕が物議醸す ドメサカブログ

浦和-鳥栖戦 ゲートに差別的横断幕 槙野智章もtwitterで苦言 「試合負けた以上にもっと残念な事があった」 フットボール速報 

一部の浦和レッズサポーター、新加入・李忠成にブーイング。差別的行為か?  さぽーたるふっとぼーる

こういうことはしないほうがいいと思います。どういう経緯でこういうことを掲げているのかわかりませんが、元在日でいまは日本人の李忠成選手への差別というかそういうことらしいです。

欧州等ではこういうことは厳しく罰せられます。それを抜きにしてもよくないです。

あんまり、書くのははばかれるというか軽く書くと、誤解を招くので、でも、政治的に、対立していることもあるし、そういうこととは無関係でお願いしたい。そういうこと無関係でもお願いしたいね。

思想やら他人のことを強制することは難しいし、そういう差別というかそういう心が生まれないことが望ましいが生まれるのは人間として必然。そういうものとどう付き合うかそれを排他的に対応するのは簡単です。

アルビにも韓国人選手はいるし、そういう声が上がらないかと思ったことがあります。韓国の方がたが目の敵にしている日章旗があるので心配することもあります。

そういう対立、抜きにして、サッカーを楽しみたい気持ちでいっぱいです。対立しないほうがいいにきまっているもの。

柿谷 古巣に「ありがとう徳島」 自費で地元紙に全面広告掲載  スポニチ

いまや、ザックジャパンの新たな輝き!柿谷。昔、やんちゃの時期にすごした徳島への恩を忘れていないということなのでしょう。

こういうのってサポとしては心があったかくなる。

アルビからも多くの選手が強豪クラブに引く抜かれていった。引き抜かれていったときは呪詛やら恨みやら言葉がならぶが、この寒空を見上げて思う。

移籍していった彼らにとって、わがクラブアルビが大きな存在であることを願ってやまない。

Photo
言ってみただけです。言ってみただけ。・・・・よくなれよ日本サッカー。

|

« 明日は雪と風が苦しめる? | トップページ | 人の揚げ足は蜜の味 »

アルビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "ガンバはやっぱりガンバだった”:

« 明日は雪と風が苦しめる? | トップページ | 人の揚げ足は蜜の味 »