« リーグ史上初の勝ち点はく奪か無観客試合? | トップページ | ”批判”しすぎる日本人 »

2014年3月13日 (木)

浦和サポのJチェアマン、一歩踏み込めず?

Jリーグが浦和レッズへの処分発表 けん責&23日清水戦は無観客試合に ドメサカブログ

浦和レッズ、横断幕問題で関係者の処分と今後の施策を発表 当面ゲーフラ・横断幕等は禁止に ドメサカブログ

Japaneseonly横断幕掲載問題に決着を迎えた。リーグ初の無観客試合の開催となった。ここで、とばっちりを受けたのは清水サポ。無観客試合ってもちろん、相手チームのサポにも適用されるので、当該試合は清水。なんともおかしな結果となった。

いろいろな媒体で、反応みたけど、一様に軽いという発言が多かったような。

まあ、リーグ側としては初の事態だし、無観客といえども、1試合の収入の減は浦和にとっても相当でかく、また、言われているように勝ち点はく奪となると、浦和の優勝等の可能性がリーグ序盤で消えてしまう可能性も否定できず、こういう落としどころになったのかなと思っております。

まあ、邪推するならば、浦和サポである、新チェアマンに対する配慮がなかったのかなと思うところはある。

今後、どういう展開になるかはわかりませんが、自分の反応としては、勝ち点はく奪でもよかったのかなと。

ただ、前述どおり、こういう事態、Jリーグは初めてだったので、あんまり踏み込むことはないし、まあ、前例を作ったとう¥いうことだろうね。

まあ、これで落ち着いてくれるとありがたいけど。

◆ 騒乱の種を受け入れるのか、先細る未来を受け入れるのか

毎年20万人の移民受け入れ 政府が本格検討開始 msn産経ニュース

どの国でも、移民と原住民で争いは絶えない。浦和の横断幕事件でもそうだけど、移民は入ってくるとなって、日本人はうまく対応できるのか疑問しかないよね。

ただ、経済的に厳しく、非正規労働者の割合も多い、若年層で、人口、つまり出産率が上向きになるかというと厳しく、人口減少社会からの脱却は難しいし、移民っていうのは手っ取り早いですよね。

まあ、それに付随する諸問題をどうするか、決めてからでないと、あとでブーブー文句いうのはみっともないしね。

◆ まだ、居たんですかー?

アントニオ猪木氏 また「元気ですか!」 今回は許可得て絶叫  すぽにち

一時期、無断で訪朝して、四面楚歌になっていた猪木さん。前日に突然、大声をあげて、委員長からお叱りを受ける始末。にも、懲りずに今日もやる。

リングの上ならまだしも、国会の場でっていうのがね。まあ、猪木さんなりにどうにかしたい気持ちの表れだろうけど、嫌な形で話題になってしまいましたね。


被愛妄想 1 (ヤングキングコミックス)

中村卯月先生の最新作は、ちょっと思い込みが激しい生徒に慕われてしまう先生のサイコストーリー。前作が男女逆転もので、その前の作品がインモラルな閉鎖的な洋館もの。どちらかというと、この前々の作品と色合いが似ている作品です。ダークな、すこし、サイコな。これまで連載していたヤングコミックが新装刊で肌色成分が控えめな雑誌に変わってしまったことや連載誌が移動してしまったこともあり、エロ成分が少なめな1巻となっております。(まあ、思い込みあれな生徒さんの072シーンはバンバンありますけど)1巻からすでに暴走に入ってきているので、2巻以降どうなるかひやひやしております。


ミニマム(2) (ヤングマガジンコミックス)

今頃になって、読み始めた作品。突如現れた、小さな小人の美少女とのミステリー?肌色成分がたぶんにむくまれている。

|

« リーグ史上初の勝ち点はく奪か無観客試合? | トップページ | ”批判”しすぎる日本人 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦和サポのJチェアマン、一歩踏み込めず?:

« リーグ史上初の勝ち点はく奪か無観客試合? | トップページ | ”批判”しすぎる日本人 »