« TPPは天神さまへの細道? | トップページ | パチンコ・パチスロ日記、規模縮小な件 »

2011年11月13日 (日)

清武さんは本当に正義なのか?

原監督の提案だった…渡辺会長“江川助監督”バラされ怒髪天 スポニチ

清武代表 渡辺会長の主張に再反論「虚偽の事実を述べた」 スポニチ

はっきり言って水かけ論になってしまった、巨人の内紛というかなんなんですかね?

Kiyotake  Nabetune

事の中心にいるこの二人。いちよう、状況は清武さんの一人砦のようになっている。まあ、巨人の内紛劇はしょうじきどうでもいいのですが、今回、問題にしたいのは清武さんの今回の行動についてです。

にゃんこい!復活際(一人で)開催中です!!!

Photo

「上司、ひいてはグループの総帥に思いっきり噛みついた」「上司の悪事を一人で、告発した」

美談として語りつくには要素がいっぱい詰まった状況でした。世論というか、一般的に清武さんよりの世論なっています。

ナベツネさんはいわゆる「昔の人」という代名詞をそっくりそのままあてはめたような人で、ワンマン、独善的、独裁者のイメージがあって、ヒール(悪者)にぴったりの人でした。

たしかに清武さんの主張に一定の理解は示せます。しかし、それはごくわずかです。今回の会見から始まる騒動の原因は

「GMである、私に何の相談もなく、人事を進め、あまつさえ私をGMから外すとは何事だ!」

といった趣旨だと思います。正式な手続きを取らずに人事に介入するのは親会社の会長、さしては球団の会長であっても一般的な会社のルール違反だ。ということらしいです。

まあ、ちょっと疑問なのですが、球団の会長であっても人事に口を出すなってことらしいです。会長って組織の中で一番上ではないのでしょうか?

ここで、またも疑問、今回、人事介入の仕方が問題と論点に上げていましたが、では、正式な手続きだったら問題なかったのでしょうか?どうにも人事に口を出されたことに対する単なる反抗、まあ、いいかたによってはわがままのように思えます。
また、近年GM職として目立った功績というか獲得してきた助っ人の大コケ、トレード戦略などすこし迷走ぎみ。また育成の巨人と言われ、選手育成を重点に置き、と美談になりましたが、その内情が「下手な鉄砲、数打っちゃあたる」戦法で、満足な年俸も与えず、使える選手がいればおんのじ。見込みなしは容赦なくきび切り。まあ、これらがすべてGMたる清武さんの責任になるわけではありませんが、編成上、責任を取るべく位置にいるGMの清武さん。解任話が出てきてもおかしくない状況。

巨人清武代表、高橋信二に暴言を言い放つ 日刊やきう速報@なんJ

こんな話もあったそうです。

あまりにも稚拙というか、球界の盟主たる巨人の球団代表、GMとしてその対応どうなの?と問いたくなる事実です。

そして、会見です。そもそも、この問題、あんなに大々的に公表する必要があったのか甚だ疑問です。もし、会社のコンプライアンスを問題にするなら、球団内の会議等で問題にして、そこで解決を図ればいいことであり、別段、公表する必要は必ずしもあるとは思えません。まあ、耐えかねての行動っていえばそれまでですが、ちょっと短絡的に見えます。

しかも、会社のコンプライアンスついての問題と会見前に発表して、その発表内容をまったく明かさない所がげせない。今、巷では島田しんすけさんの問題に代表されるようにヤクザに対する目が厳しくなっている状況下で、一気に注目を集めました。「巨人にヤクザ問題か?」また、昨今の話題だったドラフト関係の問題。以前、問題になって育成費やらの裏金の問題など、情報が錯そうし、注目が集まる状況を作りました。

そして、ふたをあけると、ナベツネの介入にたいする批判。一般的にナベツネさんは悪役となるべくその下地が備わっている人で、一気に「清武さんが告発!ナベツネ悪者」の構図が出来上がってしまいました。清武さんはもと新聞記者さんらしく、昨今のマスコミの手法の悪者を作って、全員で叩く戦法が問題化というか批判の対象になっていますが、

清武さんはうまくそれを利用した形になり、さすが元新聞記者さんと言ったところでしょうか?

たしかに、ナベツネさんの手法や言動などに問題はあるでしょう。しかし、問題のない人間などこの世にはいないでしょう。それに長年、読売グループの根幹にいて、巨人軍にも深くかかわってきた状況があります。そして清武さんは2004年から巨人に関わってきています。もう、7年目です。そんなに問題があるならなぜ今頃という想いがやはりありますね。

どうにも卑怯なやり方なんですよね。あういう発表されれば相手は悪者になるのは当たり前です。本当にこのやり方しかなかったのかな?

また。「球団の私物化」も問題にしていましたが、今回の件で一番被害をこうむるのは現場たるグランド上にプレーする選手や監督、コーチ陣です。今、クライマックスシリーズ敗退ですでに来シーズンに向けて秋季練習を行っています。マスコミの注目が集まることによる雑音も増えることでしょう。また、戦力外やトレードやFAなど編成としても重要な時期です。大事な時期でもあるですが、清武さんの行動によりそれが全部おじゃんになってしまいました。

本当に球団の私物化をしているのは清武さんのほうではないでしょうか?

ナベツネさんは親会社のオーナーであり、球団会長でもあるので、そういう立場にいるのは分かります。私物化と言われることもあるでしょうが、理は叶っていると思います。しかし、清武さんはあくまでその下に位置する人で、たしかにGMという立場で編成上大きな力を持っていることも確かですが、今回の件をみれば、

「球団は俺のものだ。口出しするな!!」

と言っているようなものです。←これを「球団の私物化」というのではないでしょうか?しかも、自分の意見が通らずに、反故にされそうになり、世間に公表し、会長側に是正を求めるといのは剛腕、というか力任せに意見を通そうとする、これこそ独裁者のような手法です。断っておきますが、今回の発端となった人事介入やらナベツネさんの強権を支持するものではありません。
それより問題と思うのが清武さんの行動なのです。すべてにおいてぼろが出る内容で、これを告発とよぶにはあまりにもお粗末な内容だからです。それなのに、英雄扱いがとても許されるものではない。まあ、ひがみ根性もあるのですが、どうにも納得いきません。

今回の告発で、もし、清武さんの主張が通るものならば、それは不条理であると言わざるを得ません。彼が正義ではないように思えます。

|

« TPPは天神さまへの細道? | トップページ | パチンコ・パチスロ日記、規模縮小な件 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清武さんは本当に正義なのか?:

« TPPは天神さまへの細道? | トップページ | パチンコ・パチスロ日記、規模縮小な件 »