« これは陽炎のようだな。 | トップページ | 打ち収め・打ち始め »

2010年12月26日 (日)

ちょっと痛いひと・・・・

日本にもあった…わいせつで皮肉的なアニメ livedoorニュース

なんというか、ヒステリーというかこんなにもひどいことが書ける人がいるんだなって感心してしまった。

こじつけにつぐこじつけ。ほぼ被害妄想もいいところ。

てか、最近、東京都の二次元規制条例で最前線では激戦が繰り広げられているわけですが、たぶん規制推進派の人ってこういう荒さがしが得意な人なんだろうなとも思ってしまった。

まあ、なんの根拠もないですけど。

このアニメ、見てたけど。

まず、記事中に大きな問題の一つとしているのが、「アメリカ的」な表現でのアメリカのへの皮肉表現。

え?

そんなこと誰も思っていませんけど。というかこの人がこう書いてしまって、記事にしてしまったがために、それがネット上に残り、調べるとヒットしてしまい、この作品への曲解につながってしまう。

この記事、このアニメを批判したいのか、それとも批判点をわざとあげて、ネット上で騒いでほしいのとしか思えません。いわゆる愉快犯ってやつ。

だれもそんなこと思っていないのに、そういうこと書いちゃう所がすごいな。というかヒステリー。

というか記事中に書いてあります。
「アメリカ映画の名前をモジっている。それらのタイトルに深い意味はなく、単に映画名やドラマ名をパクっただけであろう」

つまり、そういうことです。このアニメに意味なんてほとんどないよ。
ただ、面白いってことだろうけど。たしかに、扱っているネタはパロディ、下ネタ、エロネタです。また、表現が過激ではありますが、ギャグっぽくしているのでそんなに真剣味がないです。AVとかポルノビデオとかのエロさではないと思いますけど。

というかそれを理解できないって、本当にこの記事を書いた方は大人なのだろうか?もし、大人なのならどんな人生を歩んでこられたのか?不思議に思ってしまう。

しかも、批判の対象がこんどはキリスト教までに発展します。
というかそんなことどこに表現してあります。皮肉っている。というかもう当たり前でしょうっていう感じで、それをいちいち取り上げて批判記事を書くほどではないと思うけどね。

確証はないけど、東京都の条例案の運用者にこんな記事を書くような人がいるとしたら、ほんとうに日本のアニメというかマンガは終わりだと思う。
規制するのは、あんまり良くないことだと思います。それを扱う人の問題であり、それを書く人の問題であり、売る人の問題であるから。公共団体がしゃしゃり出てくる問題ではない。
たぶん、エロ的表現の規制で終わればよいが、そのうち、自分たちの体制に悪い情報を規制する可能性だってあるのだから。だって、運用するのが制定した東京都なんだもの。

PTAって本当に分かっているのかな?というかどうせ建前ばっかり。
表向きは言っておりますが、裏ではなんてよくあること。
そういうやつらばっかりが権力持って、離さないだから、この国が良くなるはずないよね。
というか国はどう考えているのかな?自民党時代、民主党時代で日本のアニメを売り出そうとしているのに、批判ばかり。何がしたいのかいまいち。

そりゃ迷走って言われるよね。

兎にも角にも、この記事はまったくの被害妄想でしかない。そして、書いたときヒステリー状態だったんじゃないかな。あんまり、記事を見て、怒ったことはないけど、これはあきれる以前に怒りを覚えてしまう記事でした。

|

« これは陽炎のようだな。 | トップページ | 打ち収め・打ち始め »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと痛いひと・・・・:

« これは陽炎のようだな。 | トップページ | 打ち収め・打ち始め »