« sengoku38、現る? | トップページ | 魔法使いが踊る弓道にでるKGB? »

2010年11月14日 (日)

年に一度の戦力補強の見本市

浦和、新潟MFマルシオ・リシャルデスを獲得へ スポニチ

はぁ~い。たまの休みをお昼寝で過ごしてしまう、気長のフクロウ、青色フクロウでつ。
お疲れ様でつ。

さて、年の瀬も迫ってきていて、おいらは、師走に入ると、減額されてしまうエコポイントをにらみつつTV購入を考えている今日この頃。まあ、リーグも終盤戦に向かい、優勝争いも絞り込まれているこの時期。

アルビはACLは夢のまた夢ですが、なんとか、上位進出して、リーグ戦の賞金ゲットにこぎつけたいところ。

でもでも。

リーグでも屈指の資金力をもつ、赤の巨人。ことし、冬のW杯でも話題になったタコのようにうちに君臨する、皇帝閣下に触手を伸ばしてまいりました。まあ、アルビ的な状況(お金はないけど、いい選手いっぱい)ていうチームはあるので、上位チーム、他の金満チームの強化部はちょっと選手名鑑開くだけで、いいというお気楽お仕事なのですね。さながら見本市。

リーグ戦とか、天皇杯とか残っている分、こういう話は無視して、「ここ集中、ここ集中」と生きたいところですが、そうも言ってられず。

浦和レッズの安全補強計画 2009.11.14

上の記事は、去年、レッズがマルシオ獲得に動いたときに憤慨して、出した記事ですが、今年はそれほど、憤慨もしておらず。

なぜなのかなとも思っているのです。必要な選手であることは間違いないわけで、それは成績が証明してくれている(マルシオ欠場時に、アルビは3年間まったく勝っていない)。

まあ、それが要因でもあるのかもしれませんが、そろそろ、マルシオ頼みも脱却してもいいのかとも思うところもあるのですが、一番の理由は、「マルシオにも幸せになってほしい。」って所なのかな。

噂程度で信ぴょう性はゼロですが、提示条件をみると、年俸は1億以上の複数年契約。
かえって、アルビの条件は推定ですが、年俸5千万。逆立ちしてもちょっとの上積みはできますが、浦和に勝てるような資金は出てきません。

無秩序に「アルビに残って」というサポがいるのですが、金銭のことを考えると、それを言いきれないおいらがそこにはいます。

サッカー選手っていても生涯やれるものでもなく、10年そこそこがいいところ。サッカーをやめてしまってからの時間が圧倒的に長い。しかも、サッカーに情熱を一身に傾けるプロの選手になれば、やめてから、路頭に迷うこともしばしばです。

そうなると、よりいい条件のチームに移籍するのは選手としては当然の条件であり、むしろ自然なこと。だから、今後マルシオがどう判断するかはわかりませんが、その選択肢をとったとしても、今までの活躍ぶりを考えてみても、送り出すしかできません。

まあ、夏に移籍していった、矢野のときと同じ心境でもあるのですが。
ただ、金が高いからと言って、移籍とかは釈然としないときもあるので、おいらとしては気持ちの整理っていうのは面倒だったりするのですが。(例、お金だけの当時の○宮に移籍していった、GKとか)

まあ、そんな感じ。同じように噂が出ているDF永田にも同じことが言えるな。やはり、ここでは満足にお金を払ってあげることもできないし、まあ、浦和や大宮(まあこっちは条件的にはOKかな?)にいくことがプラスなるとも思うわないけど、給料が出るなら、そっちを選んでも仕方ないかなとも思います。

新潟の近海で、けたたましく油田が発見されれば問題なさそうだけど・・・(アルビモビッチ?)

黒崎監督との来季契約で合意 新潟日報

まあ、監督の続投も決まりました。まあ、この戦力で良くやったとも思います。新人監督にすれば、(まだ終わってないけど)既定路線ではあるので問題ないかと。

移籍の話が出てきたので、来季のアルビも占ってお行きましょうか。

これまで、新人加入はゴートクの弟の帝京長岡高校のFW宣福(本当読みはのりよしだが、おいらはノリフクと呼ぶ)のみ。

ユース年代の代表である、アルビユースのGK渡辺も加入が有力視されますが、いまだに発表なし。ほかの噂もとんときかないので、あったとしても新人はこの二人のみなかなと。

戦力外とかも読めないな。移籍市場にもよるところが大きく、戦力外は出ても、1~2人ぐらいではないかと。それもレンタル移籍でも戦力整理も考えられます。

で、現在来季の去就が流動的なのを書きます。

DF永田 充
新潟のセクシー部長。永田のみっちゃん(ブラジル風にはナガチーニャ)。自身の結婚を機にそのセックシーさに磨きがかかる、丈夫(ますらお)。代表にもお呼びがかかる不動のセンターバック。その足元の技術はあの矢野が一目を置く存在。
J1浦和、大宮(現すずじゅんー鈴木淳監督)が獲得に興味。

MFマルシオ・リシャルデス 
アルビに君臨する皇帝マルシオ。
新潟の地方局アナ(鈴木○ーもん)が「新潟の王様!!アルビレックス新潟!!!」と興奮のあまり何を言っているのかと分からず、視聴者を困惑させるほどの迷言を残させるほどの重要な選手。もう語る必要もない選手。
J1浦和が獲得の打診。ほかにも川崎、UAE等のクラブが狙う(川崎に入ったら、川崎最強の噂。おいらの中では)

FWチョ・ヨンチョル
言わずと知れた新潟のヨン様。遅れてきた韓流スター。トントン拍子での韓国代表にのし上がる、新星。パクチー(パクチソン)ぐらいになってほしいと勝手に願っている逸材。
G大阪が獲得を検討。一部報道で、条件面クリアがあれば、本人は新潟でのプレーを希望がありとの報道も。

DF西 大伍
道産子イケメンファイター。今期不動の右サイドバック。なんだかんだで、移籍してきた中では一番の稼働率を誇る、欠かせない選手に。
レンタル元の札幌復帰、新潟へのレンタル延長。また、風の便りでは清水が獲得の打診との未確認も。安ければ完全移籍でもいいなとはおいらの観測(寝言)。

まあ、いろいろ噂になるよね。資金ないし、上位にいるしと、狙いどころではあるのだけど。補充というか補強はお金がない分、戦力外、上位チームの控え選手等のレンタルぐらいしかありませんね。

チームを見かえしてみると、
サイドバックが少し不安(新人とれば問題解決?)ですが、DFラインはよしと目をつむる。永田、西の去就が分かりませんが、U-21代表のすずだい(鈴木大輔)を使うだの予防策はあるかな。サイドバックの補強は清水戦力外のDF市川、降格寸前の京都DF渡辺ダイゴ等の獲得が適当とも思うのですが、おいら的には即戦力の大学生サイドバックを取って様子見がいいのではないかとも思うのですよ。

中盤はやはり、ヨンチョルとマルシオの去就が流動的。マルシオが移籍となれば、ジョンパウロ残留という形をとるのではないかと思います。シーズン途中加入ですが、シーズン初めから使えば面白い存在になりそうな予感です。マルシオの代役はおいらはまさーるさん(加藤大)にお願いしたい。1年先輩の木暮でも結構。補強はありますかね?去年みたいにベテラン補強もいいし、新人取るのもいいかもね。ネット上では鹿島からレンタルしている現山形のMF増田を狙うっていうのもありだと思います。ヨンチョルは残留の目が出てきたので、残留してほしいでつ。三門や大野も中盤できるし、やはり、一番の期待は三門。ボランチだけじゃない才能開花ですから、サイドハーフでの起用もおもしろい。

さて、問題のFW。矢野のドイツ移籍により、戦力補強が必要な部分。ミシェウには残留で、大島の1年延長が規定路線かな。ただ、今年のゴールゲッター、マルシオとヨンチョルには移籍報道があるので、現在のミシェウと大島の成績では来年は火の車。ミシェウはチャンスメイク、大島もポストプレーなど、得点に結びつく仕事が多いだけに、そこを期待するのは酷なのかもしれないが。しかも、控えがまだまだなので、ここは是が非でも補強が必要になります。京都戦力外のFWヤナギなんておもしろいですが、年俸が高く、お年で、怪我がちっていうのが気になります。あとは毎年いっぱい点を決めるがお荷物扱いの浦和のFWエジ獲得もあり得ない話だと思っていますが、マルシオの所でも話しましたが、お金がないので。エジは退団するとなると、UAEや他のJ金満クラブになるのでしょうか?となると、やはり、動けるFWがほしいので、しかも上背があるのですから、山形のFW長谷川、去年、新潟移籍を模索した仙台のFW中原なんかいいと思います。それか、どこかの30以上のFWを取るという可能性もあると思います。

不況下ですので、強化費等は同等か、減額が予想されるので、いつもの通り、質の追求での補強になると思います。その点、うちの強化部は優秀ですので、おいらは来年も応援するだけですね。

まあ、欲を言えば、今年のこのメンバーに少しだけつぎたいしをして、来季迎えたい所存でございます。コーチングスタッフも含め。

|

« sengoku38、現る? | トップページ | 魔法使いが踊る弓道にでるKGB? »

アルビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年に一度の戦力補強の見本市:

« sengoku38、現る? | トップページ | 魔法使いが踊る弓道にでるKGB? »