« マンガ、あれやこれや | トップページ | 今年終わりに思うこと »

2010年11月28日 (日)

となりは激震、あすはアルビが激震?

札幌西が新潟に完全移籍 日刊スポーツ

今期、不動の右サイドバックでのレギュラーで、札幌からのレンタル中の西の完全移籍がきまりそうです。

一時期は、アルビからの移籍も・・・とのうわさも立っていたので、一安心というか、やはり毎年毎年、主力が抜けていくのは強化の面でよくないので、一つ障害をクリアしたのかなと。

ただ、マルシオ、永田、ヨンチョルと主力の移籍の噂は消えません。(マルシオは望み薄、永田も移籍に傾く?ヨンチョルは残留の目が強いという感触。最近の報道では。)

戦力外もちょこちょこ発表になっています。アルビも今月中の発表というか明日の発表が濃厚だと思っています。

まあ、言うまでもなく、この貧弱クラブに居る選手は少なからず、アルビに貢献していてくれるので、戦力外でのチーム退団というのは胸が苦しくなるほど、悲しいことなのですが、プロなので、仕方ないですねと無理やり割り切っている所存。

ただ、景気の先行き不安のせいか、もうすでに戦力外や移籍の噂で激震のクラブがあるようです。先週は、監督やスタッフの退任、クラブ功労者の退団発表が相次いだ、清水などがその中心にいたのですが、今日はみなとまち、横浜が激震の中心地になりそうです。

松田に無情の戦力外通告「裏切られた」…横浜M スポーツ報知

山瀬功治も戦力外ブログで明かす 山瀬ブログ

なんとも非情というか、今年、プンスケ(中村俊輔)の加入や、ユース選手の活躍などで話題を絞り出してきた横浜F。でも、成績はぱっとせずに中位に漂流中。

そして、そこでの豪華というか、ベンチに座っている選手豪華すぎるだろうという感じのチーム編成になっておりましたが、どうやら、フロントは余剰戦力の処分に走っているようです。

松田に関して言えば、ちょっとけがが多いのが難点で、実際にみていないのでわかりませんが何とも言えません。山瀬に関しても怪我が多いのがやはりネックなのですが、技術は確かなものをもっているのは間違いありません。

そのほかにも横浜の移籍するのではと言われている選手はそこそこいて、みながそれなりの実力をもつお方ばかり。

横浜Fは永田にオファーしていますが、どうやら清水退団濃厚のDF青山にもオファーを出すようで、永田の残留を願っていますが、横浜での激震次第で変わってくるのかな?

アルビもあす以降に発表の戦力外が心配になってきました。おいらが考えるに、戦力外予想をみると、1~3人かなと。

DFに一人、若手に2人でしょうか?
ただ、チームの精神的柱と言うかまあ、それを担っている選手が入らないことを祈っております。名前を書くのがこわいので、書きませんが、手薄のDFラインでのバックアッパーとして必要な存在です。

マルシオの残留はほんとうに望み薄です。アルビも最大限の努力をするでしょうが、それ以上はクラブの色に合わないのでこっちからお断りしたい。マルシオは絶対必要ですがクラブとしてあんまり高い年俸が払えない状況になるので、仕方ないです。

一部報道で、ブラジル人FWを探しているとの情報があるので、ミシェウやジョンPは残留というかたちになりそうです。ファグネルはどうしますかね?
しかし、FWの補強は絶対必要です。最近調子のいい、アトムがブレイクしてくれるといいのですが、それにしてももう一人必要なのはあきらか。
清水の原に噂がありますが、可能性が薄い。

永田の去就次第ではDFの補強も必要でしょう。アジア大会優勝のすずだい(鈴木大輔)を使うというのも手ですが、バックアッパーというかあて馬的な存在が必要かな?
興味で止まっている大分のDF菊池の獲得もあるのかもしれないですが、簡単に獲得とはいかないかな。

やはり、降格組からの補強やJ2の成長著しい選手のレンタルというのも考えられます。また、ことしは戦力外が盛況のようです。そこから獲得もあるのかな。

前の記事で予想したとおり、新人は二人で打ち止めっぽいです。となると、やはりお金のあまりかからない選手獲得に走るしかないね。

贅沢クラブの食いっぱぐれを獲得する形ですが、仕方がない。

さて、先日の大宮戦で、元アルビのアンヨンハ、北野があいさつにきたそうな。

アルビサポの反応は、アンヨンハ拍手、チャント? 北野、無視だそうです。

なんというかそこで大宮サポは非難というか、アルビサポの中でも賛否が集まっていますが、そこまで問題。

大宮サポには申し訳ないですが、アルビサポの感覚では大宮はアルビのはるか下という感覚です。歴史も同じぐらいですし、昇格はアルビが一年早い、ただし、お金は良く出る(親方NTTだからね)こういう状況があるからだと思います。

ただ、正直に考えるとどっちもどっちだったりします。ただ、お金がよくでる大宮のほうが選手にとってはいいのかもね。

そして、去年末、移籍していった北野。

その時のアルビサポの心情は
「どうして、アルビよりも順位が下のクラブにいくのか?」
「アルビよりも大宮のほうがいいクラブなわけないのに」
「結局、金か・・・・」

なんてね。だから、今回の対応になったわけです。
ただ、アルビサポは明らかに異質です。

他のサポが移籍していった選手(戦力外も含むかな?)にはブーイングだったりします。ただアルビサポは拍手というか昔の仲間を懐かしむようにします。
これから考えると、「無視」というのはまあまあいいことではないでしょうか?

たとえば、大宮で主力選手がたとえばJ2に降格する京都に移籍するとしましょう(現時点で)。そうなると大宮サポの感覚はどうでしょう?
たぶんアルビサポとおんなじ気持ちになると思います。

北野場合、こういう感覚です。引き合いに出した京都さん、すいません。

まあ、ブーイングされないだけ、よかったと思いますよ。
まあ、その時、おいらが現場にいたら、同じく無視かな、それか思いっきりブーイング。
わるいけど、観客水増ししているようなクラブが立派には見えないし、やはり、アルビもまだまだひよっこクラブですが、それよりひよっこクラブだと思っているから。ごめんなさい。

でも、そういう気持ちもいいと思うから。

さて、明日の戦力外どうなるかな?怖いです。

|

« マンガ、あれやこれや | トップページ | 今年終わりに思うこと »

アルビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: となりは激震、あすはアルビが激震?:

« マンガ、あれやこれや | トップページ | 今年終わりに思うこと »