« すべての道はト○タ(グランパス)に通ず? | トップページ | となりは激震、あすはアルビが激震? »

2010年11月23日 (火)

マンガ、あれやこれや

はぁーい。祝日なのに出勤ってどういうことやっと心では憤慨しているも、笑顔で働いた青色フクロウでつ。お疲れ様でつ。

さてさて。
アメリカに振り向いてもらえない「北朝鮮」子。とっておきの「遠心分離機大量稼働」でも振り向いてもらえず、少々やけぎみ。ヤンデレ「北朝鮮」子はアメリカの子分(韓国、まあどっちかというと同志、日本はとち狂った舎弟)タコ殴りにして、振り向いてもらおうと。

おっとっと。
人が死んでるので、あんまり不謹慎なこといえないけど。ようはアメリカと交渉したい病が再発しているようです。それでたたき台にされる韓国はたまったもんじゃないな。

さてさて。
ハガレン最終巻をあっさりとする―して、夏のあらしとプラナスガール読んでます。感想はまた書きますが、夏のあらしは最終巻ということです。なんともさみしい限り。ひと夏の想いでにしては「引っ張り過ぎだぞ!(ツンデレ風)」と思ったことは内緒にしておいてください。

「BLOOD ALONE」イブニングで始動、新装版も同時発売 コミックナタリー

まあ、連載中(電撃では連載終了)というか未完の作品が雑誌というか出版社を移動するっていうのは衝撃ですね。なんというかなにかごたごたがあったのか、想像させる出来事ではあるけどね。

吸血鬼もので、案外軽い感じのマンガだったんで読んではいましたが、いかんせん、この手の作家さんてどうしてあんなにも連載不定期なのかな?

普段、連載をチェックする暇がないというかあんまり連載されていないので、チェックすることも忘れてしまうたちなので、それなりに忘れていたのですが。

電撃大王の明日はどっちだ2 フラン☆Skin はてな支店

電撃大王から移籍した『BLOOD ALONE』予告編がイブニング23号に掲載 黒い天使のブログ

詳細っぽいのがあったので載せておきます。まあ、漫画家さん、編集さん、出版社さんもひとなのでごたごたがないのが一番いいのですが、仕方ない部分でもあるのかな。
しかし、いまやネットの普及なのかそういう話題(漫画家さんVS出版社側)が多くなってきた印象です。マンガ好きなんですけど、こういうのはちょっとね。

「ラブひな」全巻無料公開へ 赤松健氏、ネット漫画の新ビジネスに挑戦 ITmedia News

いまや、昔懐かしい赤松さん(作者が古いとかではなく、「らぶひな」で卒業してしまったおいらにとってって意味です)。
なんでも、ネットでマンガビジネスだって。

・・・・・

まあ、なんでもいいんですけど。
いまや、出版業界またはそれに付随してくる本屋業界、そして製作者業界といろいろな流れや思惑で変わってきているのかなと思います。

まあ、前話題でも触れましたが、ネットの普及により、世界が広大になったのに加えて、害悪も広大になってきたかんじ。

ネットでの違法UPなど問題になっていますが、それはそれで飯を食っている人にとっては死活問題のようだね。
ただ、それを規制するのはイタチゴッゴになってしまうので、逆にネットを利用しようっていう動きが活発になってきた印象です。

ただ・・・・

普段からこれらの流れ(電子書籍化)に大変危惧を感じているおいら。マンガ小説の類が単なる情報化してしまうのではないかと思っています。その証拠というかこじつけですが、盗作報道などありますが、その関係ではないかと思っています。

いわゆる「コピペ」ですよ。

だから、小説とかマンガは重さが変わる単行本のほうがいいのではと思っているのですが、そんなことを言っていると時代に取り残されるんでしょうね。

まあ、前にも書きましたが、著作権的にアウトの物を見て、それrを作者に感想として送るバカヤローはまだいるみたいで。これもゆとり教育の結果と嘆いております。(おいらもゆとり教育の一員)

まあ、ライブラリーとしてはいい試みなのかなとも思います。
まあそれ以上の感想もないけどね。

【2次元児ポ規制】「18歳未満のキャラかは問わず、強姦や近親相姦などが規制対象」 …都青少年育成条例改正案 まにあっくすZ

そして、2次元規制。
なんというか、その執念がすごいなって関心してしまうほどの。民主党の事業仕訳でゾンビのように復活するとありましたが、これは成立待ちなんでしょうか?
うーん。たしかに最近の表現の自由の横暴さはすこし認めたくなる部分はあるけど、そこまで規制する必要があるのか疑問で仕方ない。

規制とかではなく、それを判断する人間の育成に力をそそいだほうがより問題の解決になるとおもうのですが。

ようは判断するのは最終的に人間であって。それができなくなっている現代だからこその今の時代があると思うので。

ただ、規制対象行為を肯定するつもりもないですが、サディズムというか、興奮するお人もいるとおもうのですよ。そこを規制するっていうのはやはり気が進まないな。

現実ではないからいいじゃんというつもりはないのですが、そこまでしなくてもという所が正直なところ。

うーん。やっぱり規制はしてほしくない気がします。

|

« すべての道はト○タ(グランパス)に通ず? | トップページ | となりは激震、あすはアルビが激震? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンガ、あれやこれや:

« すべての道はト○タ(グランパス)に通ず? | トップページ | となりは激震、あすはアルビが激震? »