« あ~あぁ~ | トップページ | 制作委員会の闇・・・ »

2010年9月17日 (金)

なんでもB級・・・

B級っていうとあいまいでしかない言葉でしょう。B級でもC級にもなれないおいらのブログで言及するのはこれいかに・・・・

そもそもB級ってどんな?

二流なもの、一般的評価は高くはないが一部に愛好者がいたりするものを「B級」と称する。例: B級映画、B級グルメ
安っぽいチープ感がポイント。映画ならばセットやCGなどがセコいか、高予算とは思えない雰囲気が大事。二流の店であっても、フランス料理などはB級グルメとは言わない。
はてなキーワードより

ニュアンスとして、一級品に及ばないという卑下(ひげ:程度が低いものとして蔑んでいること)の意味合いと、A級(=高品質だが高価)に比べて費用対効果が優れているという自負の意味合いがあるが、後者は含意としては存在するものの、それのみで使われる傾向は弱い。専ら「強い感銘を受ける程ではないが、どういう訳か意識せざるを得ない」ような個性を持っている場合などに好んで使われる傾向がある。 wikiより

なんともねー。まあ、この記事を書こうと思ったのが、最近、新潟ではB級グルメ、B級グルメとばかの一つ覚えのように連呼しておりますが、そういう呼称をつけないといけないのかって思ってしまう。

まあ、ブームの火付け役という形では、まあ、問題ないのだろうけど、A級とかのグルメはたまったもんじゃないだろうな。

おいしいものはおいしいでいいんじゃないのかな。別段、B級と卑下することもないだろうけど。

目指せB―1 地元のイカで「糸魚川ブラック焼きそば」 asahi.com

悩めるB級グルメの祭典 競争過熱、「不正投票」も asahi.com

町おこし発進のB級グルメってほんとうにグルメって言えるのかなとも思う。そんなぽっとで、密着しないような。まあ、定義すらあいまいなので、発信者が「B級だ!」と言えばそうなってしまうような。

まあ、稼ぎたいだろうけどね。「純粋」なB級グルメっていうのを競ってほしいね。


この記事はこの本、発進です。

さて、前記事で地域おこしの萌えキャラ的なものを紹介しましたが、新潟は上越にありました。

越後・謙信SAKEまつり HP Banner150gin

27

イメージデザインはテレビアニメ化決定した「夢喰いメリー」の作者、牛木義隆さんだそうです。(地元出身)

萌えきゃらですぜ、旦那。まあ、地方なんで盛り上がるのは良いことですが。

|

« あ~あぁ~ | トップページ | 制作委員会の闇・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

新潟情報」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんでもB級・・・:

« あ~あぁ~ | トップページ | 制作委員会の闇・・・ »