« これこそ、表現の自由? | トップページ | ホールに光はあるのか・・・・ »

2010年7月10日 (土)

オレンジが恋しくて・・・

久方ぶりにアルビネタ。お疲れでつ。青色フクロウです。

W杯も残すところ、決勝のみで、巷の日本では数日間の代表フィーバーも収まってきて、代表から海外へ帰るもの、いくもの、国内で頑張るものと進路が決まってまいりました。

ああ、題名はオランダではなく、もちろんアルビですけど。

日本サポもほぼ鎮静化して、にわかは日常へ、サポは各クラブチームに目が言っております。

いろいろ語りましょう。

新潟 ブラジルクラブから左サイドバック獲得へ スポニチ(5月の記事)

ブラジル・カンボリウFCから岩崎陽平選手 移籍加入内定のお知らせ アルビ公式HP

F6981403  News_2547_1

まあ、逆輸入みたいな感じの新加入。逆輸入ってアルビにとっては初ではないし(千葉がオランダからの加入だった)、世界的にも手薄なサイドバックの選手なので、貴重かなとも思う。
ただ、即戦力になりうるかはちぃっとばかし、疑問でもあるし、まあ、今後に期待だね。

アルビみたいな金銭的余裕もないクラブは、こういう若い選手を伸ばしのばし使うしかないね。まあ、そっちのほうが愛情というか親近感がわくので、いいと思いますが。

SBは現状では、西、ゴートクがファーストチョイスとして、もっともベターな感じになっておりますが、老獪なSB、内田や調子を上げてきた中野、攻撃の面でめきめき評価の上がる明堂など、争いがし烈になってまいりました。まあ、サイドバックとしても、サイドハーフとしても使えるあたり、やはりSBの選手は重宝できるので、競争は大歓迎なのですが。

川又 堅碁選手 復帰のお知らせ アルビ公式HP

で、こっちもブラジルでの武者修行から帰ってきた、みかんファイター。

News_2554_1

最近、アルビの若手が伸び盛りで、しっかりと戦力になりつつある。(まあ、戦力とせざるを得ないという一面は置いといて)現状で言えば、一番手薄なFW陣。どうやら、外国人の補強はなさそうな雰囲気になってまいりましたから、川又にも期待ですね。ブルーノが長期の武者修行にシンガポールに行ってしまったので、川又ががしがし、点を取れるようになってほしいものです。

さてさて、上でも触れましたが、W杯後に海外へ行く選手がぞくぞくといるわけですが、アルビでもその対象となる選手はいるようで。

矢野貴章。かれにはロシアのクラブからお誘いがあるようなないような。

カメルーン戦評価!ロシア1部クラブ矢野獲得名乗り スポニチ

こんなことを書くとあれなのですが、おいらは矢野に海外に出てほしい一人です。ずっとアルビに居てほしいのですが、やはり、海外に行くことはサッカー選手にとってはうまくなるための近道であり、必然の道。矢野が素晴らしい才能の持ち主であることはアルビサポならだれもが知っている事実ですし、もっとうまくなってほしいと願うばかりなのです。

これほどまでにチームに貢献できる選手は日本をどこをみても他にはいません。だから、海外に行って、もっともっとうまくなってほしい。そう、切に願っているのです。
まあ、移籍加入してから、これまでアルビのために走り続けてくれたことへの感謝と言うかそういう選択(海外移籍)もありなのではないかと思っていましたが。

矢野 4年後に照準も「海外に行くことがすべてではない」 スポニチ

ということらしいです。とりあえず、この夏での移籍はなさそうですが、オファーがあれば、ぜひにも行ってほしい。自慢の息子を送り出す父親の気分。アルビサポの大半がそういう気分になるのではないでしょうか?

で、その矢野の後釜(まあ、移籍となった場合)として、クラブが考えたが、

2億円用意!FCソウルが浦和・高原獲り スポニチ

浦和の高原らしいです。仙台の状況はよくわかりませんが、アルビとしてもそう悪くない判断のように思えます。監督からチームの蚊帳の外に置かれているFWですが、試合に出ていないのでわかりませんが、能力的には申し分ないわけでたしかに全盛期から比べれば、衰えは否めませんが、そこはここまで戦ってきた歴戦の雄。経験でカバーできるし、アルビはそんなに一個人の力に頼っているわけではないので、ていうか頼るほどの戦力ではないので、前線に高原というでかい駒がいるのはいいのではないでしょうか。まあ、矢野残留っぽいし、韓国に行くみたいだし、この話の展開はないかな。

まあ、やはり、金銭がネックでしょうね。年俸+レンタル料(ないしは移籍金)。逆立ちしても小銭すらでないですから。うちはね。

で、ちょっと話題は変わりますが、主力2人が移籍してしまう。川崎F。

優勝を争うチームなので、やはりシーズン中の移籍は痛いと思いますが、チームの姿勢に感服しました。

鄭大世と川島の移籍で「気持ち良く送り出したい」とクラブ幹部/川崎 カナロコ

鄭大世はW杯の活躍をみてれば、あきらかにJの世界では別次元に達しているし、移籍はしょうがないかなと感じで、見てましたが、川島までも移籍させてしまうというのはすごいの一言。ごねてもいいはずですが、すんなり送り出すところがすごいね。

やっぱりけんか別れっていうのはさびしいものね。

世間では「ホンダ!ほんだ!」ですが、大金払ってまで獲得する選手にも思えないので、逆に松井が凄いと思っているので、移籍先が楽しみなところ。

|

« これこそ、表現の自由? | トップページ | ホールに光はあるのか・・・・ »

アルビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オレンジが恋しくて・・・:

« これこそ、表現の自由? | トップページ | ホールに光はあるのか・・・・ »