« 優勝予想-2010年南アフリカW杯- | トップページ | 今アイドルと昔アイドルの記事。 »

2010年6月15日 (火)

本田JAPANではなく、岡田JAPANだよ。

オシム節で称賛「新聞の1面がすべて本田だったら日本は危ない」 スポニチ

眠れる獅子は最後まで眠ったままだったのが、巧妙でした。カメルーン戦。

一夜明けて、日本のメディアは、オシムさんの危惧通り、「本田」一色になっていますが、本田はたしかに得点を決めましたが、これは本田一人の力で得たものではなく、岡田JAPAN(ここから岡田J)で得た得点、勝ち点だと思います。

前評判どおり、カメルーンとの力の差は歴然で、日本はいわゆる「ドン引き」サッカーを展開していきましたが、仕方のない選択だったのでしょう。

また、日本もよくやったのはもちろんですが、カメルーンが悪すぎたのも日本勝利の原因でもあるのでしょう。

昨日(正確に言えば今日でもありますが)、高校サッカー部の弟と一緒に見ていたのですが、その弟が

「勝ったけど、一番、つまらない試合だった」

この一言に尽きると思います。勝つためのサッカーをするのか、それとも観客も、選手も喜ばせる、楽しいサッカーをするのかという永遠のテーマにぶち当たってしまうが、これを勝つためのサッカー、つまり、守備的サッカーを選択した岡田監督。

それが、よかったかどうかわかりません。おいらは日本メディアみたいに手のひら返ししたくないので、褒めわしない。もともと守備重視の監督だったので、当然の選択だったのかもしれないけど。まあ、現実的な選択だったかもしれませんが、日本のサッカーの進歩にはなりませんはな。このサッカーの良い所は、現状維持。そして悪いことは現状維持。

メディアとか、またにわかなのかサポーターの口ぐちに「本田!本田!」と言っていますが、得点という見える形の成果は彼ですが、彼があそこに居て、得点を決めただけ。まあ、あそこに居て、落ち着いて決めたことに対しては良かったのかもしれませんが、本田よりも両翼、松井と(あんまりほめたくないけど)大久保、一番ほめてあげたい。彼ら以外にも守備陣(中沢)、そして走り回った中盤(とくに阿部、長谷部)もよい働きでしたが、この二人(松井。大久保)はサイドでの起点等でボールの保持、仕掛け、そして守備。彼らが立役者なのです。

たとえば、本田の得点も、クロスを上げたのは松井、本田の前で、相手DFひきつれて、おとりになってつぶれた大久保。本田の得点はこの二人のおかげです。

この二人のおかげ。本田は得点を決めただけです。それだけ。

この勝利は”眠れる獅子”カメルーンのおかげでもあります。中盤のゲームメイカーの選手は監督との確執で欠場、そして、他の選手もエンジンかからず、チームの顔、エトーですら直前になって、母国の英雄に酷評されて、代表辞退すら口にする始末。
カメルーンは戦っていなかった。

しかし、一勝はいいのですが、酷評、酷評、酷評の嵐だった日本メディア、サポーターの手のひら返しには辟易するばかりです。確かに強化試合は4連敗しましたが、イングランド戦はあのイングランドに負けましたが、前半リードしました。

おいらも酷評していましたが、今も別段、支持しません。はやく終わって監督変えてほしいと思います。たしかに、守備重視のサッカーはいいのですが、進歩はありません。

次はオランダですが、たぶんけちょんけちょんにされます。たぶん0-3で負けると思います。仕方のないことです。こんどはエンジンもかかっているし、カメルーン以上のタレントがいますから。

各国の評価です。
日本勝利に驚くオランダメディア 元VVVの本田にも注目 スポニチ

デンマーク紙は日本戦酷評「今大会最低の試合」 スポニチ

フランス紙は評価「日本の堅実さが上回った」 スポニチ

まあ、世界の見かたどおりだと思います。そんなにいい内容ではないですが、これが精一杯です。

さて、W杯といえば・・・

快勝後の熱い“延長戦”…韓国でコンドームバカ売れ スポニチ

これもお約束。おいらが昔、見た記事では、アメリカW杯で、あの有名の決勝戦でバッジオが外したPK戦を失敗して、準優勝に終わったイタリアで、悔しさで、熱がそっち方面にいって、出生率がちょびっと上がったってことを聞いたような。

日本でも出生率向上に一役・・・どうでしょうかね・・・

|

« 優勝予想-2010年南アフリカW杯- | トップページ | 今アイドルと昔アイドルの記事。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本田JAPANではなく、岡田JAPANだよ。:

« 優勝予想-2010年南アフリカW杯- | トップページ | 今アイドルと昔アイドルの記事。 »