« VS清水戦ハイライト(ボスナーの頭と一緒に) | トップページ | 鼻歌交じりの帰り道(VS横浜F)(H) »

2010年5月11日 (火)

矢野貴章、南アフリカへの切符をつかむ!

うおぉー!矢野はサプライズ選出でドタバタ スポニチ

代表発表当初は、いまだに第一線に復帰していな怪我中のGK川口を”サプライズ”という形で紹介していましたが、本当の意味でのサプライズはFW矢野の選出だったのではないでしょうか?

各メディアはこぞって、南アフリカ行きの代表メンバーをそれぞれ予想して、雰囲気を盛り上げようとしていました。その中には矢野の名前はなく、特に前田、平山、石川、小笠原等のJリーグで実績を残している選手を上げていました。

得点力不足が如実に表れている昨今の代表。やはり、そういった実績に頼りたくなるのでしょうね。

そして、この人選。賛否両論あります。特に矢野対しては賛否の方が多い気がします。

「前田だろー」「石川は?」

しかし、一日たって見て、よく考えてみれば、まあ、矢野も順当だったのかなと思えるようになってきました。

たしかに得点不足は大変ゆゆしき問題です。矢野が入るから解決できるかというと出来ません。しかし、それは日本全体の問題であって、前田、石川等の選手が入ったとしても変わるかどうか。

Jでは通用しますが、世界では通用するかというのははっきり言って未知数。それを試すのはW杯ではありません。テストマッチです。そう考えると、候補として選んで、テストマッチでテストするという手もありますが、時間が無さ過ぎました。

今回の人選で、矢野ばかり叩かれていますが、得点力、つまりここでいうところの先発メンバーでの得点の可能性を高めるという人選。これは矢野に求めるべきことでは無いような気もします。

岡田監督は各メディアの取材で矢野について
「高さ、運動量、前線からの守備、スピード」を主にあげています。

やはり日本代表もチーム。いろいろな戦い方が要求される場面があると思います。そのことを考えれば、矢野の選出は・・・という感じ。

同じタイプに平山がいますが、最近、前半で変えられたりと調子を落としています。
前田、コウロキ等もいますが、役割的に玉田、大久保等にかかってくると思います。
また、点取り屋としてはやはり第一線に岡崎がいるので、それと比べるとやはりという点です。

あんまり岡田監督は好きじゃないし、今の日本代表が良い方向に向かっている気はしません。が矢野選出は大いに嬉しい。

数字上では、0点という実績ですが、それ以外の面で彼はチームに貢献しているはずです。もし、その評価がポイント制になっていれば、矢野はほかの選手と劣らないほどのポイントを獲得しているはずです。

サッカーは、いやスポーツはデータ上でやるスポーツではありません。だから、実績での評価だけでサッカーをするのではないということだと思います。

あと、もうひとつ、昨日、報道ステーションでのサッカーコーナー。解説者の沢登さんが本田を生かせ生かせと連呼しておりましたが、

それこそ、破滅の道を進んでいます。
北京五輪の時に、彼は指揮官を無視して、チームをぶっ壊して、海外に行きました。
そんな彼を、チームの中心に据えるのは、ひどく危険です。

たしかに能力は凄いのかもしれないけど、それだけでサッカーしてたら成長はありえません。それこそ、日本代表非常事態だと思います。

彼を生かすのはいいですが、彼を前線に置くのは、激しく危険です。

|

« VS清水戦ハイライト(ボスナーの頭と一緒に) | トップページ | 鼻歌交じりの帰り道(VS横浜F)(H) »

アルビ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢野貴章、南アフリカへの切符をつかむ!:

« VS清水戦ハイライト(ボスナーの頭と一緒に) | トップページ | 鼻歌交じりの帰り道(VS横浜F)(H) »