« 保健室の死神 | トップページ | 批判はしたくなかったけど、この二人はひどすぎる。 »

2010年4月 5日 (月)

前に出るか、後ろに下がるか VS大宮(H)

この前の大宮戦。観戦できなくてすいません。

仕事の関係でTV観戦になってしまいましたが、それでも問題というか決めなくてはいけないとこがあるような気がする。

この前の試合。簡単にいえばアルビの自滅。
大宮はいっちゃわるいけどカウンター一辺倒。まあ、チームカラーがドン引きサッカーなので仕方ないのかもしれないけど。でも、メンツを考えれば、もっと出てきてもよかった気もする。

アルビはその手も足も出さない亀に手も足も出さなかった。ただその周りを回っている臆病な猫のような堕落ねこのようで。

自分たちの攻めの姿勢がまったく形だけだったので、点も取れないし、躍動感もまったくありませんでした。

ここで思ったのが、「アルビってこんなに上がってくるのが遅かったかな?」

この疑問が問題の大きな解決になるのでは?(勝手に思い込んでいる)

この前の試合。どうにも遅い。遅攻を指針にしているのかと勘違いするかのようにボールを持った人に対して、他の選手のフォローが遅く、囲まれて、後ろに下げるもしくは相手の守備に引っかかって、カウンターを食らうの繰り返しでした。

よくてそのまま攻撃しても相手の人数が多いのにこっちの人数がまったくゴール前にいないのでクロスを上げても相手、もしくはそのまま流れる。遠目からのシュート。

書いててひどい状況ですが、中継、もしくは会場で見ていたかたはそれ以上にひどかった状況だったのではないでしょうか?

守備はある程度機能していたようにも見えますが、それでも危ないシーンはありました。名指しで批判したい選手が二人ほど居ますが、ここではいたしません。

問題は試合を見ていて「絶対得点入らないな」と思ってしまったところです。

なぜなのか?

ようはスタートする位置が下すぎる。

前節(実質的に考えて二試合前)湘南にカウンターで沈められて、警戒していたからしょうがない面もあるかもしれませんが、それにしても下すぎます。

そんなに下なら、ゴールまでの距離が長いからそういった状況に陥ってしまう。

システムの問題もあるでしょう。しかし、それ以上に問題なのがチームの位置。あれでは得点は期待できません。

去年のアルビは飛躍的に得点能力が伸びました。それはいろいろな面で考えられますが、ひとつは前からのプレッシャーとショートカウンター。

選手が入れ替わってしまった時期もありますが、それでも今のチームよりは試合内容的には全然よかった。

しかし、昨季との選手の入れ替わり、もちろん去年とは別のチームですから、同じことはできません。

しかし、去年のいいところを捨ててまでも、変えるべきではないのでは?
去年の継続、変えるところは変えるのでいいのでは?

それがいやなら、本当にドン引きサッカーをやるのがいいのでは?大宮みたいに目的がはっきりしているほうがシンプルだし、強みになると思います。

前に出るのか、後ろに下がるのか。

どちらか決めてから、サッカーしてもいいのではないかと思う。

おいらは前に出るほうがいいと思います。

アルビよ。アグレッシブよもう一度!!!

|

« 保健室の死神 | トップページ | 批判はしたくなかったけど、この二人はひどすぎる。 »

アルビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前に出るか、後ろに下がるか VS大宮(H):

« 保健室の死神 | トップページ | 批判はしたくなかったけど、この二人はひどすぎる。 »