« 2010マンガ大賞決定 | トップページ | 三月実戦報告(パチ少々、スロ大半) »

2010年3月18日 (木)

ビックスワンをもっと楽しく!

はーい。久しぶりにアルビのこと。まずはこちらをご覧ください。

アルビがこれからも強くなるために、これからもサッカークラブとして生き残るためにはやはり収入源の確立が真っ先に掲げられます。

アルビは従来の日本型サッカークラブとは異なり、観客収入が大きな収入の柱になっております。ほかの在京圏、大都市圏などではスポンサー収入が見込めますが、経済的にも僻地のこの新潟では逆立ちしてもスポンサー収入の増加は見込めません。というか限度がある。

たとえ、大きな会社のバックアップ(広告料)があったとしても、それが未来永劫続くとは限らないし、最悪の撤退ともなれば、まだ記憶にも新しい、大分、東京Vのようにクラブ存続の危機に立たされることになる。

これから見ていると、アルビの経営方針は間違っていないわけだが、観客収入の減少が見られる。それも数字上、または目に見えて判るような状態になっている。(目に見える空席の数)

さて、どうしたものか?

去年から、アルビサポの中では、近年の観客動員の原動力と言いすぎかもしれませんが、無料招待券への批判が集まっている。これは、日韓W杯までへの人気をつけるとかアルビの人気をつけるために活用されてきた手ではあるが、観客収入が減少を続ける現状を見れば、頷ける。
おいらもあんまりにも多いのはどうだろうと思うのだけど、全く廃止するのはどうかとおもうな。やはり、一般の人をスタジアムに足を運ばせるのは難しいし、現状のアルビというか日本サッカーが人をひきつけるようなレベルかというとそうではない。(悔しい限り)
そんな中で、一人でも多くの人にアルビレックスのサポになってもらうためには無料招待券は必要な手ではあると思う。
ただ、それだけが一般のお客さんをスタジアムに呼び込む手かというともっとやり方はいっぱいあると思うし、まだできると思います。

このことに書くと、なんだか長くなりそうなので話を戻したいと思いますが、今回、一番書きたいのは、

ビックスワンをもっと楽しくしよう!!

ということなのです。

上で長々書いた無料招待券でくるお客さん。はたして、そのお客さんがどうしたら、お金を使ってアルビの応援に来てくれるかというとやはり、

「面白かった!!!また、来よう!!!」

ってことだと思います。この数年間、そんなように思わせなかったことが観客動員の減少、いまの空席の目立つスタジアムに繋がっていると思います。

ここで勘違いしてほしくないのは、「それは成績をよくすれば良いのでは?」というもっともな意見です。でも、現状を見てください。昨年から移行になった選手移籍での取り決めにより資金力のあるクラブ(浦和、名古屋、京都等)に有力選手が集まる傾向。
それでなくとも、アルビは資金がJ1でも下位のクラスなのでほかのクラブに引き抜かれる可能性が高い。
かといって、いい選手をとって、いいスタッフが揃えば、必ずしもいい結果に結びつくわけでもない。(例:近年の浦和)

上の動画で、「有名選手の獲得」等を観客動員の解決策に上げるサポも居ましたが、それはその場しのぎの手でしかなく、リスクのほうが大きく、そんなことをすれば大分のような状態に陥ってしまうのは目に見えています。

選手の獲得はアルビの方針は間違っていません。ただ結果が出るのがちょっと遅くなるだけです。しかし、これは世界各地では当たり前のことなので問題するひつようがありません。

そこで考えられるのが、成績ではなく、お客さんにまた来ようと思わせるスタジアム作りです。

サポではないお客さんに面白かったと思わせなくては、ダメなのです。
アルビもいろいろとやっていますが、それが観客減少の歯止めになっていないので結果的には失敗ということです。
チームが勝ったときももちろんですが、チームが負けたときにもやはり面白かったと思わせなくてはいけない。それはやはり試合結果に起因されることが多々ありますが、それでもサッカーだけではないもっとスタジアム周辺やスタジアム中でもお客さんに面白いと思わせなくてはいけません。

やはり、人間、突き詰めれば、自分の利益が一番好き。ビックスワンの周辺にあるジャスコ新潟南店には人が溢れています。それはやはり人をひきつける楽しさがあるからだと思います。

突き詰めて言えばアルビにとってジャスコはライバルです。お客さんをよんでお金を使ってもらうというのは、大きく見れば、アルビもジャスコも同じ。

ジャスコは、お客さんの満足を得ているからあれだけ大きくなっただろうし、アルビだって大きくなれるです。

今はその瀬戸際なんです。(≧ヘ≦)

で、この文章で言いたいことはクラブだけに任せるのではなく、サポももっと考えましょうということ。命令口調なんですけど、磐田戦の観客2万8千人が考えれば使えそうな意見も出てくるのではないかと思います。というか期待感たっぷりなんですけど。

上の動画でも、サポが古町を練り歩いて、お客さんを呼ぼうとしています。効果は判りませんが、試みとしてはよいのではないかと。何かしようとしているのはとってもいいことです。

人を呼んで、面白くなかったら今度は絶対に来なくなる。それを避けるためにも、もっと、もっとビックスワンが楽しく、面白い場所でなくてはいけない。

もうサッカーだけではお客さんは呼べません。そうしたら複合的に面白いと思わすことがよいうのではないかと思います。

ただいかんせん、交通の便が悪いとか、スタジアム周辺が田んぼだらけとかお店がないとかハードの面で問題は山積みですが、それを乗り越えなくてはいけません。

なにかを考え、何かをすることは決して無駄にはなりません。人を呼ぶだけでなく、呼んで楽しませることもしないといけない。そう感じた今日、この頃です。

よし、今度の記事は理想のビックスワンなんてものを夢想しよう。

もうすぐお仕事の時間なので、それはまた今度( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは~

|

« 2010マンガ大賞決定 | トップページ | 三月実戦報告(パチ少々、スロ大半) »

アルビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビックスワンをもっと楽しく!:

« 2010マンガ大賞決定 | トップページ | 三月実戦報告(パチ少々、スロ大半) »