« 届かなかった・・・だけど届かない距離ではない。VS川崎戦 | トップページ | お金より命、メンツより命・・・・ »

2009年12月 2日 (水)

無駄ってほんとうにあるの?

ノーベル賞受賞者らが事業仕分けを批判 読売

まあ、各所から批判が上がりまくる「事業仕分け」・・・

判定があいまいとか財務省が主導とかいろいろと問題はあるようですが。

事業仕分けで仕分けられたものはほとんどが廃止や削減、見送りなど。

それに関連する人たちからは文句が噴出しているわけだが・・・

これは先の衆議院選でも争点というか無駄の根絶は世界の流れからも明らかでした。
たぶん、今、ブーブー言っている人たちもわかっていたと思うけど。

でも、実際に実害がかかり始めると不満を言い始める。そんな風に見えますね。
まあ、実際問題そうとも限らないし、本当にこれは削っていいのかという疑問もおいらにはある。(ロケット開発、スパコン開発など)

あれだけ、無駄無駄といっていたけど、本当に無駄ってあるのかなって思うんだよね。

そりゃ、実情をあまり理解していないおいらが口を挟むことでないのかもしれなが、一つひとつみると本当に無駄なのか疑問だよ。

もうちょっと手っ取り早く、地方などの二重構造の解消とか公務員の数の縮小などをやったほうがいいのではないかと思うのだけど。

確かに、会社(国)の中での効率化とか見直しも大事だろうけど、それ以外に削れるところ抜本的に削らなくてはいけないところがあるのではないだろうか・・・・

この不景気なので公務員の削減は新たな失業者を生むことになるし、抵抗も強いだろうけど。

確かに不満もあるだろうけど、それ以上に生活に困っている人がいっぱい居るのだからそういう人たちにお金をもっとかけてあげてもいいかなって思うな。

|

« 届かなかった・・・だけど届かない距離ではない。VS川崎戦 | トップページ | お金より命、メンツより命・・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無駄ってほんとうにあるの?:

« 届かなかった・・・だけど届かない距離ではない。VS川崎戦 | トップページ | お金より命、メンツより命・・・・ »