« 祝・天皇杯3回戦突破! | トップページ | 戦いは常に無駄なく美しく!! »

2009年11月 2日 (月)

インフルエンザ・パニック

先ほど、季節性のインフルエンザの予防接種を受けてきた青色フクロウです。
鳥インフルエンザも恐かったりするのですが・・・・(いちようフクロウってことで)

早くに行ったので、早めに帰って来れましたが、予防接種の受付に長蛇の列が出来るほどでした。少しパニックになってました。

そこは開業医の割と小さなところで、普段は風邪とかを診療するところなのですが・・・

はっきり言ってしまえば、予防接種だけで手一杯になっていました。びっくりするぐらい予防接種希望の人がどっと来ていて、受付の人もてんやわんやでした。

ここで、それを見て思ったのが・・・・

インフルエンザの予防接種だけ、市とかでどこか保健所などで一括してやってもらえないかなっと思いました。

実際、目の前にある現実は(今日だけね)、予防接種に追われる人たちの姿。

普段の病気を見るということが全く機能できていません。
予防接種の人が多いために、病気の人が後回しというのは本末転倒なのではないかと。

みんな、インフルエンザに対して、不安があるし、多くの人が受けたいのは当たり前なので、その部分を公共団体が負担してあげて、なんとかして地域医療を下支えしている、開業医などに多大な負担を押し付けないで欲しいな。

そういう体制が取れないと、本当に見なくてはいけない患者が後回しにされて、手遅れや二次感染などが起こってしまうかもしれない。
ワクチンを作ることだけではなく、それを国民に接種させる手立てを少しばかり考えて欲しいなと思った次第でした。

|

« 祝・天皇杯3回戦突破! | トップページ | 戦いは常に無駄なく美しく!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ・パニック:

« 祝・天皇杯3回戦突破! | トップページ | 戦いは常に無駄なく美しく!! »