« 風のように去っていった | トップページ | エヴァの原点 »

2009年6月19日 (金)

とりあえず、の結論

月一連載の「イエスタディをうたって」第63話

ビジネスジャンプ14号

その感想をつらつらと・・・・
(ネタバレ注意)

二人の大晦日で抱きあったのに、帰ってしまったリクオくん

各方面から「ヘタレ」と呼ばれる始末だったが、まあこれがこの作品のいいところなのでしょうか。二人ともどうにか前に進もうという気持ちはあるものの、前への進み方がわからないでしょうな。

登場人物たちが狭い空間の中で、ニアミスやらいろいろありますが、どうにもこうにも終わる気配がないですね。

しかも、今回の終盤でまたものろのろいく発言が・・・・

ああ。もう誰でもいいので誰か打開して!!!

でも、まあどろどろした感じは嫌なのですが、結局のところ、現状維持でいいんじゃないていう結末に落ち着いてしまった。

ううー

もうよろっと集中連載が終わるのかな・・・・

|

« 風のように去っていった | トップページ | エヴァの原点 »

マンガの感想文」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず、の結論:

« 風のように去っていった | トップページ | エヴァの原点 »