« 楽しい時期 | トップページ | 痛烈に日本政府を批判してみる(北朝鮮編) »

2009年5月26日 (火)

宮崎さんのアニメ

一番好きなのはやっぱり「紅の豚」でしょうか・・・・

「ナウシカ」とか「もののけ姫」や「トトロ」や「千と千尋の神隠し」や「平成たぬき合戦ぽんぽこ」(これは高畑かんとく)かも好きなのですが、
主人公のマルコの渋いこと、渋いこと。

宮崎さんの作品は世界で大うけしてしまっためにときどき
「映画」として紹介されるのでちょっとね。
あとは声優さんを使わずに、有名な俳優の人たちで配役固めたりする最近の作品は
どこか

「本職を使えよ!!アニメは!!」

とか思ってしまうことありますが、「紅の豚」のできばえは秀逸でございます。
主役のかたの声がかっこよすぎで、ストーリーもその舞台もものすごく素晴らしいものがあります。
とにかく「かっこいい!!」の一言に尽きると思います
話的には飛行機乗りの話なのですが、時代(大戦前の時代設定?)に飲まれないで自分を貫いている感じがたまらなくよろしいです。

あとは思いれがあるとすれば

「耳をすませば」とか
たしか、この作品は宮崎アニメではないのですが、カントクさんが新潟出身で
この作品を作った後、亡くなってしまったのです。
だからなんだということはありませんが、その背景を知っているとなんとなくですけど、
どういう風に作っていたのかなって想像したくなります。
それがなくともいいものですが・・・・

ジブリ作品で
「タイトルに二回”の”が入る作品はヒットするですよ・・・」
とかジブリのプロデューサーが語っていたことがありましたが、
どうなのかな・・・・・

最近は見てませんね。
たしか、「ハウルの動く城」、恐ろしく期待にそぐえなかったのでそれから見てませんね。

でも、ときどき「ポニョ、ポニョ、ポニョ」と口ずさんだりしてるあたり、
多分、今でもジブリに乗せられているおいらが居たりします。

ということで好きな作品は「紅の豚」です。

コネタマ参加中: 宮崎アニメ、好きなのはどれ?

|

« 楽しい時期 | トップページ | 痛烈に日本政府を批判してみる(北朝鮮編) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎さんのアニメ:

« 楽しい時期 | トップページ | 痛烈に日本政府を批判してみる(北朝鮮編) »