« アルビの次節は・・・・ | トップページ | 浦和×G大阪 »

2009年5月14日 (木)

日韓対決、韓国に軍配?

みなさん、こんにちわー青色フクロウです。

さて、今日もサッカーネタなんですが、

いま、巷を騒がしている韓国人FWといえば・・・・

アルビサポ的には”チョ・ヨンチョル!”と声高らかに叫びたいところですが、もっとすごい奴がいるから世界は広いな。
磐田のイ・グノです。 磐田HP

途中加入でありながら低迷まっしぐらの磐田に現れたメシアでございます。
その得点能力は素晴らしいものがあり、それはもうJレベルではないことは明らかです。
今週のサッカーマガジンに怪物っぶりを特集していますが、その特集に見合うだけの活躍ですから申し分ない

だが、ここで思い出すのは
4,5年前にそれは日本サッカー界においてちやほやされていた人物がおりまして・・・・
いまはFC東京のFW平山相太 東京HP

高校ぐらいから”怪物だ!怪物だ!”とちやほやされて
大学停学してオランダ行って、戻ってFC東京に入り、大学を中退。
現在はたまに試合に出たりしています。
昨日あたり、いきなり五分刈りして報道されてましたが・・・・・

ここまでココに上げた二人ですがなんと同級生。

一人は韓国でキャリアを積みながら、いまや欧州に飛び立とうしている人材

かたやもう一人は欧州でキャリアをはじめて、日本に帰ってきて所属クラブで出場できない始末

なにが違っていたのでしょう?

最近、日本サッカー協会では若手が育たないことを議論していますが、
この二人を比較すればおのずとわかってくるのではないでしょうか?

二人とも素材は持っていたはずなのに
この差の開きようはなんなのでしょうか?
まあ、同い年はこの二人だけではないですが、短絡的に比較対象になるのではないでしょうか・・・・

ここら辺を検証しない限り、問題は解決しないのではないでしょうか?

素人目線ですが、問題はJリーグの体制に問題があるのでしょうか?

|

« アルビの次節は・・・・ | トップページ | 浦和×G大阪 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日韓対決、韓国に軍配?:

« アルビの次節は・・・・ | トップページ | 浦和×G大阪 »