« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

買っちゃった

買っちゃった
買っちゃった
買っちゃった
イラスト集買っちゃった

広江さん


いやー秀逸

おいらが好きなのは日本軍コスプレ大会の陸軍衣装がすきです
いやー下半身じゃなくてとくに頭頂部あたりが好きです
あとは装甲車の水兵?さんの衣装かな


まあ戦争は悲惨ですがそれをぬきにして造形を楽しみたいですね

まぁ中身は買ってみてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟でハルヒを補完?

四月からいろいろなものがあたらしくなります

テレビ番組も例に漏れず

アニメとかもそうですが、涼宮ハルヒの二期目がことし登場するらしいですが、いつなんでしょう?

新潟では一期目の放映はありませんでした
まぁリスクばかりを回避するばかりの経営では仕方ないかもしれませんが

一大ムーブメントを起こしたアニメですからしっかりとした実績たっぷりなわけですな
新潟での二期目の放映が決まったかわかりませんが、どうやら4月2日の深夜(厳密に言えば3日)に一期目の放映が始まります(UXで)。

うーん。


コードギアスの時も同じでしたね
まったく慌ててやるくらいなら最初から放映しとけつうの!
今頃、やらてもねぇー
やっぱリアルタイムでみたいね

まったく


まぁこれはこれでうれしいのですが


しかし、これで新潟の二期目は夏あたりですかね

なにはともあれたのしみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

磐田に引き分け

磐田に引き分け
磐田に引き分け
スコアレスに試合が終わりました

うーむ

相手の守備が堅くて、完全に崩せませんでした

うーん

あまり良い試合ではなかったかなってかんじ

磐田はかなり守備が堅くなりました
あとは決め手に欠いたので決めれる選手がいればいいかな?

アルビは松尾が復帰はいい材料かな
松下はきょうは出来がよくありませんでした
とくにパスの精度が

やっぱアトムじゃ打開できませんね
ヨンチョルはもっとスペースやらがあったら面白いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒空サッカーサッカー(ハーフタイム編)

寒空サッカーサッカー(ハーフタイム編)
どっちつかずな内容

個人技のアルビ

組織で対抗する磐田

チャンスで言ったら磐田?

ジウシーニョこえー!

ジウトン別の意味でこえー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒空サッカーサッカー

寒空サッカーサッカー
寒空サッカーサッカー
寒い〓

ようこそ磐田サポ

てか客が少ない

アルビバスもあったよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

細かいものまね

細かいものまね
細かいものまね
こんやはお楽しみな細かすぎるものまね開催。

できればHDDに録りたいのですが

タイタニア見ます。

最終回

全部やってほしいな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬飼案の負担は雪国以外に

夢見心地の犬飼さんの秋春制

今週のサッカーダイジェストのセルジオ越後さんの連載ではっきり反対と書いてありました
それを読みながら、ひとつ思ったことは
『冬の間はずっとアウエー』
てことになると例えばアルビがそうなるとすると対戦はずっとアウエーになるわけだ
まぁ関東やら東海や関西のチームに遠征になるわけだ
ここでもうひとつ犬飼案を引っ張りだす
『寒いならヒーター入れろ!』

こうなるとヒーターやらの暖房施設の導入は雪国以外になるのではないか?
雪が降らないからと言っても気温は下がるのは必定
雪国チームはホームでの試合はなくなるので暖房施設の導入はしなくてよくなる
たしかに成績や収入には大きな損失になるわけだが、それ以上にたぶん費用が倍増するのはホームで試合をする雪国以外のチームになる
気温の低下によって観客収入の減少は間違いない
ここで逆に『収入が増加するだろう』と言うバカヤローはいないだろう
もし、いるのなら冬に試合観戦をしない奴なのでしょう
あんな寒い中で毎週毎週の観戦するやつはそうそういません。
たしかにコアなサポはいるでしょうがまだまだサポは少ないはず
ということは新規サポはほぼ横這い


アウエーチームのサポはほぼ期待できない。雪国の交通障害をなめてもらっては困る
収入が伸びない中、スタジアム全体の暖房支出はあるわけでそれが減った中での観客状況で大きな負担になることは間違いない。
たぶん、試合をやるたびに赤字になるのではないか

また初期投資に莫大な費用がかかるわけだがそれは全部クラブ持ち
旗振り役のサッカー協会には費用出す余裕はありません。ただでさえクラブ増と広告費の減少で収入が減っている中、そんな余力はありません。
ということは雪国以外に負担はかかってくる
設備投資、設備維持費、設備運営費はすべて関東や東海、関西チームにかかることになる。
雪国もかなりの負担になる
質の低下、収入の減少
チームの存続に関わることに。
雪国以外のチームも存続の危機に立たされるでしょう。
企業はどんどんと利益追求型になる傾向だ。利益を出すには支出を抑えることが簡単なわけで
クラブから離れる企業は多くなるだろう
そして、収入の減少が止まらないクラブ。

こわいー

また、春秋制に戻したとしてもクラブには負担が残るわけだ
今でもほぼとんとんの各クラブ
大きな傷痕、負の遺産を残すことになる

かなり乱暴なこじつけですが、可能性はゼロではない
雪国以外にもかなりの負担を強いる秋春制

各クラブのみなさん
どうか反対してください

中途半端に賛成意見があるから犬飼さんはあきらめない
四面楚歌になればだまると思います

夏の興行にも問題はあると思いますが、いまの制度に大きな不備があるとは思えないし、まずは夏の問題を考えてから秋春制を議論したら?

夏の問題や日本代表の問題や欧州移籍の壁だから変えようという議論の発端にするのはあまりに乱暴かつ思慮にかけたものだな。


本当に秋春制にするのならもっと明確な根拠を
利点を。
提示しろ!
説明責任は旗振りをしている犬飼さんが会長している日本サッカー協会にある

説明しろ!
証明しろ!この議論が無駄ではないことを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

みなさんには来ましたか?

みなさんには来ましたか?
モテ期が来ましたか?

久保ミツロウ先生の「モテキ」を読んでます


おもしろいなぁ

おいらにくるかな?

よっしゃー
繁華街の森に繰り出すか?

すいません。
眠たいし、さむいので寝所に戻ります


ではでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球の未来は明るい?

イチローさん、酷評してすいません

いやーWBC連覇は本当にすごいな。
日本の野球は世界一ってことが証明できてよかったですね

ダルビッシュは自作自演くさいので謝りません

さて、そんな午後に外に出たら神社で野球をしていた少年たちを見かけました

普段、目にすることがなかったのでなんだかほっこりしてしまいました

野球の将来は明るいのでしょうか?
彼等の手の中にあるんだろうな

サッカーは一定のチームの事しか考えていないサッカー会長がいる限り明るくはない

日本サッカーの未来は暗い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

高橋留美子展

090318_160717

昨日、新潟市美術館で行われていた新潟出身の漫画家、高橋留美子先生の展に行ってまいりました。

運よく美術館の駐車場に止めれて、こりゃ幸先いいやと意気込んで美術館に入りました。

はっきり言って美術館に行くのは人生初めてで、駐車場の位置もわからず取りすぎる始末。
こんなところに美術館あったんかいーって感じでした。
展示はカラー原稿を中心に作品ごとに別れて、見やすかったです。

普段、雑誌に出来上がったものばかり見ているので原稿を見れるのは新鮮でした
やっぱり、カラー原稿の質が高くて(当たり前です)感動を覚えてしまった。
自分も絵が描けたらいいなと切実に思いました。

また、漫画家っていうくくりじゃないけど絵描きさんって長年やっていると絵が変りますよね
漫画家さんも連載当初と連載終盤ではまったくちがうのに驚いたりするけど、
このように長いスパンで見ると作品ごとに変っていくのだなっと実感。
おいらはあまり気付かずにカラー原稿みていましたが、ほかの観覧者の人が話しているのを聞いてはじめて意識した次第。

最近の作品だと「犬夜叉」が有名だけどおいらはやはり「らんま1/2」が好きでした。
どの作品も全部読んだことはないけど、らんまだけはアニメでちょこちょこ見ていたのでそれが一番でした。

会場ではオリジナルアニメも放映されていました。「らんま」ですね。
久しぶりにらんまを見たので懐かしかった。

会場で気になったのが「めぞん一刻」
ある男子がどこかの下宿でお世話になる話の先駆け的なお話なのでしょうか?気になります。
集めてみようかなとも思うのですが、なんともお金が・・・・

また、展示の最後にはほかの漫画家さんがかいた「うる星やつら」ラムちゃんを描いたコーナーがありまして、これがまたいいですね。まとめて画集が発売されているのなら買いたいなーと思いましたが、グッズ販売店にはありませんでした。

コナンの青山先生、ハガレンの荒川先生、まあ、それぞれ色を残したラムちゃんが見れました。
ハガレンの荒川先生とこに日付が描いてあって、これはどこかでもうやったのかなと思わせてくれました。
よつばとのあずま先生の絵が秀逸でした。よつばがいました。てかあれは豆まき?
絶望先生の久米田先生の絵に・・良かったよ。そのコメントもらしいなって感じ

ハルヒのいとう先生の見方によってつるやさんかといま思い出しながら書いてます。

いやー面白かった。できれば冬目景先生の個展を新潟でやってほしいのだけれど、そりゃ無理かい?

P3190285
思わず買ってしまったポストカード。らんま順当で犬夜叉は構図が素晴らしく良かったので。

P3190286_2
あとはらんまグッズ中心に買いました。新潟限定ピンズはついつい買ってしまいました。

しめて4,000円・・・・・

おお・・・

使いすぎだ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

新潟で開催中

新潟で開催中
漫画家の高橋留美子展

見てきました


面白かったよ

詳細はまた今度

その時歴史が動いた

今日でおわり?

さびしいな
(>_<)


ではでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負けたからいうわけじゃないけど

WBC韓国戦に負けました
負けたからいうわけじゃないけど正直、ダルビッシュは不安を感じていました

WBC前にもかなり不安定だったし、WBC中国戦はいっちゃっ悪いけど力に差があるし、そこで好投したからって完全安心じゃない
まぁ底知れぬ不安は的中するわけだ

イチローもまた同じ。
打てません
解説者はこの時期はしかたないみたいに言ってるが今、そこで打ってほしいのに打てないなら邪魔ではないか?

べつにイチローの力を疑うわけではないが、調整できていないなら使うべきではないのでは

よくも悪くもメジャーリーガーのイチロー

もうアメリカが長いからたぶん器用にできないだよ

たぶん夏くらいに大会があったら打ちまくるだろう

だが、今は春だし、打ててないのは事実
出るからには調整してこいよ

あとは無責任に大丈夫だとか言うなよ解説者
まぁテレビだからしかたないかもしれないが
時には厳しく言わないと

前は大丈夫って言って
終わってからあれやこれや反対の意見を言われてもねぇ
てか予想が外れてすいませんの一言があってもいいんじやない

虚偽報道で社長が辞任するぐらいだからテレビはもっと客観的に報道しないと

もし、そこになにかの意図が加わって報道ならそれはもう報道ではないと思う

素人がなに言ってるんだろうね
ばかだな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

ビックスワンの後日談

ビックスワンの後日談
勝っちゃった・・・

攻撃がうまく機能してるからいいものの

先制されたらどうなるのだろう?


次、大分戦

勝つよ


勝ちそうな気がします。

調子に乗ってるな
きょうだけ許して

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビックスワンからの風景2

ビックスワンからの風景2
交通事故みたいなキショーの得点

崩してペドロの得点
前半のうちにもう一点取れれば

なにこれ?
夢か?

後半、鹿島の反撃が怖いo(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビックスワンからの風景

ビックスワンからの風景
ビックスワンからの風景
おいでやす
鹿島サポ

勝つよ。アルビ魂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

お帰りとわたしはつぶやいた

ファビのアルビ復帰とことし初めの開幕戦が近づいている

涙に暮れたファビの新潟最終戦

劇的勝利で2008年シーズンを終えたアルビ

わたしは小さく、たしかにつぶやいた


お帰りって


ファビには新潟にお帰り

アルビにはビックスワンにお帰りって


ファビ、みてぇー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

夢追い人

夢って追いかけていいのかな?


ていうか何歳まで追いかけていいの?

あぁ神はどうして夢なんて作ったんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

移行ありきの議論ほど無駄なものはない

やっとこさ秋春制の野望を打ち砕いたのですが
駄々っ子の浦和大好きサッカー会長


新組織作って議論するって

え?


昨年一年なんだったの?
さんざん議論したじゃん!

それならまずは持論の説明責任はたせつぅの!

まず首都圏以外のクラブを潰すつもりらしい

ばかな会長の気まぐれに振り回される日本サッカーが心配です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハガレン

映画みたよん

やっぱ続編いらなくねぇ
続編じゃないけど二期目はいらないよ


さて、最近川本真琴にはまっています
しかし、CDがどこにもない
桜が聞きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秒速5センチメートル

放送前にあれだけ宣伝のようにブログを更新して、他の人が見てくれることを誘発していたが

おいらは直前まで見るかどうか迷っていた。

実を言うとこの作品は限定版のDVDを持っていて、すでに結末を知っていたのだ。

ふだん、漫画やアニメの完結をみると(特にラブコメ)必ずといっていいほど「こんな終わりかたはいやだ」と日としれず不平を漏らしている。

それはこの作品が終わってしまうという喪失感や寂しさからくるものかもしれないが、大部分が自分の好きなキャラが主人公と結ばれずに終わってしまうということ。

最近でいうと「さくらんぼシンドローム」。三人一緒という終わり方にあらずにいささか不満ではあった。

自分の意見が通らないと癇癪を起こす子供のようだね。

その気持ちが起こった作品の最たるものがこの「秒速5センチメートル」だったのだ。

どうしてあんな終わり方なのか、どうしてこんな結末なのか

どうしても受け入れがたいものがあった。

そこには普段、「バットエンドでもいいやん。ハッピーエンドばかりでつまらない」と息巻いていたおいらの中にも少なからず「ハッピーエンド至上主義」みたいなものが少なからず残っていた事を証明してくれた作品でもあった。

そんなこんなでDVDは持っていたが、最初に見たとき以来、本棚に眠ったままになっていた。

そんな一種のトラウマ的なものになっていたが、今日という日に放映されることがわかり、どうしようかと悩んでいた。

しかし、おいらの行動は明確だった。
放映が始まる前に、体を清めるかのように早めの風呂に入り、日課となった柔軟体操を終えて、テレビの前に鎮座していた。
部屋に居るのは自分だけ。
周りには町の謙遜も聞こえない。ほぼ映画館のような閉鎖的で普段から切り離された世界がそこには出来上がっていた。

どうやらおいらのアニメ好きな心は抑えられないようだった。もしくは乗り越える時が着たのか、その準備が出来たのかもしれない・・・

見終わって、やはり最初見たときの感想が湧き上がってきた。しかし、もう一つだけ湧き上がっていたのはこの結果を受け入れる気持ち。

おいらは評論家でもないので作品がどうとかここが素晴らしいと正確に語ることや記述することができない。
そこは悔やむべき事実だった。

でも、沸き起こる感動や気持ちを言葉という道具を使って伝えることは出来ないだろうかともがくことはできる。
この文章はそのもがきだと思ってください。

このもがきが何の意味を持たないのかもしれないが、おいらにとっては何かの一歩にはなるのかもしれない。

さて、話は変りますが、今日のNHK衛星で続編がきまった「鋼の錬金術師」劇場版が放映されます。

「一回終わった話をどうして掘り返したり、蒸し返すのか、わからん」と続編全否定のおいらですが、

今日もしっかり見たいと思います。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

深夜にマ王?

深夜にマ王?
深夜にあるけど


9時から

秒速5センチメートル


せつねぇー

成長物語

だれもが思い当たる

こんな話はどうですか?

NHK衛星だよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山崎まさよしが好き?

好き?

名曲だよね

秒速5センチメートル

で聞こえてきます

プロモにも使われてるはず
ぜひごらんあれ

NHK衛星だよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーエンドに飽きたあなたに

なんだかせつないおわり

秒速5センチメートル

おすすめです

きょう衛星でやってるよ


ごらんあれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の落ちる速度

秒速5センチメートル

きょう衛星でやるみたいだな。

え?

もうやるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

猫たちの夜

実際に姿を見るのは朝がただけですが、夜も家のまわりを移動しているようです
夜だし、素早いし、ほかのことしてるから気づきにくいですけど

一匹だけわかりやすいやつがいる
たぶんどっかの飼い猫なのだろう。
首に鈴をつけている猫がいる


かなり田舎なので夜は車や人の喧騒がまったく聞こえないしんと静まる夜のなか

控えめに鳴り響く鈴の音

夜でも遊んでるな
さむいから風邪引くなよ

少し寒さが和らいだ最近ですが夜はまだまだ寒く、こたつで丸くなっていますが鈴の音に猫たちを思いながら夜はふけていきます


余談ですが、静まり返っているのでランニングしている人の息づかいも聞こえてくるので気を抜いているとびっくりしてしまう、気弱なおいらでした


ではでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »