« ときどき起こる一体感 | トップページ | 解任と解任検討 »

2008年7月 6日 (日)

理想的なクロスとエースの得点

はーい。30度近くある新潟からこにゃにゃちわー。

青色フクロウです。

いやー昨日は大変、気分が良かった。
なんといっても勝ちは素晴らしいものです。
試合開始前は暑さに負けて、気分が悪かったのですが、試合始まったらそんなことは言ってられません。そして、先制!追いつかれる!逆転ーーーー!!!!

本当に良かったですね。
欲を言えば松下のゴールで逃げ切りが良かったのですが・・・・
まあ、そこはエースの得点があったからよかったとしましょう。

しかし、あの一点目は素晴らしかった。松下のゴールですが、おいらの見ていた限りでは内田のクロスが素晴らしかった。GKも出てこれないあのクロス。ちょうど目の前で打ってクロスは美しい放物線を描きながら一番外で待っていた松下へ・・・・

ドフリーでヘディング!!!入った!!!!!
おいらの中では今年のベストゴールでも良いぐらいのゴールでした。
松下喜んでいたのは当たり前ですが、クロスを上げた内田もEスタンドを見て、喜びを爆発させていました。お客さんを盛り上げるように何度も腕を上下に振り上げていました。

その笑顔を言ったら、こりゃまたいいものです。
しかし、J1昇格からほとんど欠かさずスタジアムで見てきたけどあれほど美しいクロスを見たことがありません。それほど素晴らしいものでした。
毎試合、見たいですね。

矢野のゴールも前半から感じさせるものがありました。今日は珍しく自分で仕掛けてシュートまでいくし、運動量も申し分なし。あまり綺麗なゴールではありませんが、泥臭いうちのエースらしいゴールでした。
矢野はもっと勝負すべきです。君がこのチームのエースなのだから。
アレ陛下はあくまで点取り屋。
エースとはチームを象徴すべき人。それは矢野キショウなのですよ。

まあ、当然、客席も盛り上がります。選手が試合後に1周するとき、選手の万歳に合わせるように万歳がなんども起きました。

少し笑ってしまいました。なにかすごい田舎っぽくって。でもこれが新潟。これがビックスワン。わが誇るべきホームなのです。
ほかのチームは覚悟すべきです。ビックスワンではそう簡単には勝たせませんよ。
ぬははは!

まあ、気になるのはベンチに交代できる選手がいなかったこと。
アウグストは怪我がちで、使えるのはアトムと寺川ぐらい。河原なんか論外です。
どうすべきかな?フロント考えてる?

さてさて、毎週楽しみの「ルル君」

なんと怒涛の展開でオレンジが仲間入り。どんどけー!
まあ、シャーリーが死んでしまったの悲しいですが・・・・

スザクと同じでルルも大切な人を失ってしまった。こりゃー後には引けませんね。
くのいちさんもいまいち使えません。新OPでかっこいい服着てましたが、やはりそこは脇役。あまり活躍しませんなー。
シャーリーを殺してしまったと思われる弟君。これで完全に嫌われるなルルに。
どうして墓穴を掘るようなことするのだろうと思ってしまう。

オウギとビレッタの恋模様が再燃するかも・・・・
こっちはうまくいってルルとスザクがうまくいかないあたり、悲しい現実。

話は変わりますが、ヤンマガの「赤灯えれじい」最終巻を買いました。
二人の復縁が実ったあたりで全工程を終えました。
なんだかんだいって同棲だけして終わったマンガだったけど、ガソリンとか環境とか年金とか世知辛い世の中で、こんな物語があってもいいのかなって思いました。

やはりどんなマンガでもアニメでもドラマでも今まで見てきたものが終わるっていうのは寂しいものがあります。どんな物語でもそうだけど始まりがあると終わりもあるわけで・・・

突然の雨音に羽を濡らさぬようにしながらそう思いました。
・・・・・・

今夜はこのぐらいで・・・・

ではでは。

|

« ときどき起こる一体感 | トップページ | 解任と解任検討 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アルビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理想的なクロスとエースの得点:

« ときどき起こる一体感 | トップページ | 解任と解任検討 »